雪の恩恵 3つの柱

「雪しか」とは 

冷蔵庫がまだ家庭に普及していなかった頃、長岡各地では雪をピラミッド型に積み上げて表面をむしろで覆う「雪にお」がつくられていました。この雪は一年中、冷蔵用などで販売されており、販売店の屋号が「雪しか」だったため、「雪にお」の代名詞として「雪しか」という言葉が使われるようになりました。現在は長岡の冬=雪を楽しむ「雪しか祭り」の言葉で、長岡市民に親しまれています。

SN OWFOOD 長岡では、米や野菜の雪室貯蔵、雪下野菜(山菜を含む)などのおいしいさの理由を探り、雪室・雪下貯蔵熟成させた米や野菜などを使った加工品開発、販売などをひとつの柱として取り上げていきます。

「雪どけ」

長岡の土壌全体が清冽な雪どけ水の恩恵を受け、そこから米をはじめとした滋味豊かな作物が育まれています。さらにこの水を仕込みに使っている地酒も「雪どけ水」の大切な産物といえます。このプロジェクトでは、長岡市内にある15の酒蔵の地酒や、雪どけ水を活用して栽培した野菜などを活用した取り組みも行います。

大地の恵み、軟水の雪どけ水で地酒を醸す長岡市16の酒蔵

越銘醸(こしめいじょう)
創業1845(弘化2)年
長岡市栃尾大町2-8
TEL.0258-52-3667
代表銘柄「越の鶴(こしのつる)」
米と水と醸造に最適な地で、伝統の技に若き杜氏の研究を重ね、少量高品質の酒を醸す。

諸橋酒造
創業1847(弘化4)年
長岡市北荷頃408
TEL.0258-52-1151
代表銘柄「越乃景虎(こしのかげとら)」
全国名水百選「杜々(とど)の森」の湧水と敷地内の横井戸の水、良質な酒米で銘酒を醸す。

高橋酒造
創業1854~60年(安政年間)
長岡市地蔵1-8-2
TEL.0258-32-0181
代表銘柄「長陵(ちょうりょう)」
北越戊辰戦争、長岡空襲の戦災を乗り越えてきた長岡の復興を見守り続けてきた城下町の酒蔵。

関原酒造
創業1716(享保元)年
長岡市関原町1-1029-1
TEL.0258-46-2010
代表銘柄「群亀(ぐんき)」
清冽な水を使った寒仕込みの伝統を受け継ぎ、一つ一つの作業に心をこめて美酒を醸す。

久須美酒造
創業1833(天保4)年
長岡市小島谷1537-2
TEL.0258-74-3101
代表銘柄「清泉(きよいずみ)」
「日本酒は土地の米と水と人情と自然が醸す風」を信条に、米作り、酒造りに尽力する。

池浦酒造
創業1830(天保元)年
長岡市両高1538
TEL.0258-74-3141
代表銘柄「和楽互尊(わらくごそん)」
西山山系の名水で育つ地元の米を使い、土地の歴史を大切に、個性ある酒造りに取り組む。

栃倉酒造
創業1904(明治37)年
長岡市大積町一丁目乙274-3
TEL.0258-46-2205
代表銘柄「米百俵(こめひゃっぴょう)」
「品質第一」の方針のもと、小規模ながら高品位、高品質の飲み飽きしない酒を目指す。

お福酒造
創業1897(明治30)年
長岡市横枕町606
TEL.0258-22-0086
代表銘柄「お福正宗(おふくまさむね)」
雪深い山古志の地の雪どけ水で、米本来の旨みを生かした酒を醸す。速醸もと発祥の酒蔵。

朝日酒造
創業1830(天保元)年
長岡市朝日880-1
TEL.0258-92-3181
代表銘柄「朝日山(あさひやま)」
越路の里山と田に恵まれた地で品質第一の酒を醸し、自然保護、文化活動に尽力する。

吉乃川
創業1548(天保17)年
長岡市摂田屋4-8-12
TEL.0258-35-3000
代表銘柄「吉乃川(よしのがわ)」
敷地内に湧く「天下甘露泉」と伝統の技で新潟県産米にこだわり、代々銘酒を醸し続ける。

長谷川酒造
長岡市摂田屋2-7-28
TEL.0258-32-0270
代表銘柄「越後雪紅梅(えちごせっこうばい)」
江戸末期のお神酒造りから始まった伝統の技を受け継ぎ、丁寧な酒造りにこだわる。

柏露酒造
創業1751(宝暦元)年
長岡市十日町字小島1927
TEL.0258-22-2234
代表銘柄「柏露(はくろ)」
長岡藩主牧野家が興した酒蔵を受け継ぎ、家紋「三つ柏」を継承し、伝統の味を伝える。

恩田酒造
創業1875(明治8)年
長岡市六日市町1330
TEL.0258-22-2134
代表銘柄「舞鶴(まいつる)」
自社栽培の「一本〆」など原料米を自社栽培、自社精米。こだわりの旨みを目指す。

河忠酒造
創業1765(明和2)年
長岡市脇野町1677
TEL.0258-42-2405
代表銘柄「想天坊(そうてんぼう)」
天の恵みで醸す酒の意味をもつ銘柄「想天坊」に、きれいな味わいの酒造りを託す。

中川酒造
創業1888(明治21)年
長岡市脇野町2011
TEL.0258-42-2707
代表銘柄「越乃白雁(こしのはくがん)」
西山連峰からの伏流水と自家精米する良質な県産米で、蔵人の和をもって酒を醸す。

住乃井酒造
創業1758(宝暦8)年
長岡市吉崎581-1
TEL.0258-42-2229
代表銘柄「住乃井(すみのい)」
豊富な澄み切った水に恵まれた地と住環境から「住乃井」の銘柄に。味りんも製造。

PAGE TOP