4月 冬菜(とうな)

新潟の伝統的な冬野菜で、地域によって「女池菜」、「大崎菜」などの名で呼ばれ、味わいも違い、新潟の冬にはなくてはならない菜っ葉です。秋に種を蒔き、初雪が降ったら一度雪をかぶらせ、その後トンネルを作って雪に潰されないように育てる、豪雪地域ならではの栽培法。自分の畑でできた菜っ葉の種を来年も蒔く自家採種なので、生産者それぞれの畑の個性が生きています。

「かんずり浸し」
ほのかな苦みと、心地よい甘みが特徴の冬菜。妙高市の伝統的な発酵辛味調味料である「かんずり」を使うことで冬菜な甘さを引き出します。辛みと甘み、そこに隠れた苦みが絶妙です。

「冬菜寒天」
茎は茹でてから、葉は生のままピューレにすることで、苦みと甘みがバランスよく楽しめます。味付けはシンプルに、冬菜本来の味を最大限に引き出しました。

「冬菜風干し」
とろみのあるだしを塗って干すことで、ハリのある食感を表現しました。

和ダイニング朔/株式会社朔
〒940-0066
新潟県長岡市東坂之上町2-6-1近藤ビル1F

関連記事一覧

コメント

  1. You can definitely see your expertise in the work you write. The world hopes for even more passionate writers like you who are not afraid to say how they believe. Always go after your heart. Kirsten Baxy Simpson

  2. I have recently started a web site, the information you provide on this website has helped me greatly. Thanks for all of your time & work. Dorisa Gothart Rosecan

  3. I love looking through your internet site. With thanks! Bekki Roarke Azaria

  4. I got what you intend, regards for rrot putting up. Arlyn Isak Nelrsa Leyla Kelly Achorn

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
Translate »